トピックス

【正会員限定】10月度関東部会のご案内

一般社団法人日本知的財産協会                  2017年10月4日
関東正会員代表各位                        17日知専第13号
同窓口担当各位                     一般社団法人日本知的財産協会
(写)講師殿                          専務理事 久慈 直登

=================================================================

               10月度関東部会開催ご案内

=================================================================
下記により、10月度関東部会を開催いたしますので、ご多用中とは存じ
ますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。

なお、出欠についての事前連絡は不要です。当日は直接会場受付までお
越しください。ただし、会場の都合により、満席の場合は入場をお断り
する場合もありますので、ご了承ください。
【本メールアドレスは送信専用です】

◆日 時 10月24日(火) 14:00〜17:00

◆場 所 ベルサール八重洲
       東京都中央区八重洲1-3-7
      八重洲ファーストフィナンシャルビル2F
(「日本橋駅」 A7出口 直結、
       「東京駅」八重洲北口 徒歩3分)
      ◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.特別講演
-----------------------------------------------------------------
◇ 最新の知財行政とその動向
-----------------------------------------------------------------

特許庁総務部
企画調査課長 今村 亘 氏

▼講演概要
経済的発展と社会的課題の解決を目指すSociety5.0とも呼ばれる社会変革の
実現に向け、IoT、AI等の新たな「知」により様々な産業をつなぎ新たな
価値を創出するイノベーションの促進が不可欠です。本講演では、
イノベーション促進に果たすべき知的財産の役割と、これに対する特許庁の
取組を紹介します。

3.特別講演
-----------------------------------------------------------------
◇ 最新中国知財事情について
-----------------------------------------------------------------

日中企業連携プロジェクト
リーダー・参与 竹本 一志 氏(サントリーホールディングス株式会社)

-----------------------------------------------------------------
◇ 最新の中国知財・ビジネス政策および知財の動き
-----------------------------------------------------------------

隆天知識産権代理有限公司(賛助会員)
副所長   李 英艶 氏

▼講演概要
現在、中国では2016年に策定の十三次五ケ年計画(通称十三五計画)の下で、
模倣大国から製造強国に変貌するための方針「Made in China2025」が日本の
内閣府に相当する国務院から出されました。これに従って産業界も国も
動きが活発になってきています。こうした新ビジネス活動と知財の動きなど、
中国の知財全体の動きを紹介します。

-----------------------------------------------------------------
◇ 中国裁判事件を見る
-----------------------------------------------------------------

北京集佳知識産権代理有限公司(賛助会員)
東京事務所 所長 経 志強 氏

▼講演概要
近年、中国では裁判が世界で一番多く発生しており、知財に関しても日本
企業が巻き込まれる訴訟やトロールによる事件も急増しています。今回は
知財に関する様々な訴訟を時間の許す限り紹介します。

<追伸>
次回の部会は11月21日(火)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2017-10-10 ]