トピックス

【正会員限定】3月度 関西部会のご案内

(写)講師殿                                  2018年3月7日

一般社団法人日本知的財産協会                     17日知専26号
関西正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                3月度関西部会開催ご案内
     
=================================================================

下記により、3月度関西部会を開催いたしますので、ご多用中とは存じ
ますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。
出欠についての事前連絡は不要ですので、当日は直接会場受付までお越し
ください。【本メールアドレスは送信専用です】

◆日 時 3月22日(木) 14:00〜17:00

◆場 所 大阪マ−チャンダイズ・マ−トビル201,202号会議室
     
大阪市中央区大手前 1丁目 7番31号
TEL 06-6943-2971
<地下鉄谷町線または京阪電車「天満橋駅」下車>


◆議 題

1.感謝表彰式

2.会務報告  専務理事 久慈 直登

3.専門委員会報告

---------------------------------------------------------------
◇1 2018年度JIPA研修計画について
---------------------------------------------------------------

人材育成委員会
副委員長   上本 浩史 氏(ダイキン工業株式会社)

▼報告概要
2018年度のJIPA研修の内容と人材育成委員会の活動をご紹介します。
次年度研修会ご利用にぜひご参考ください。
(1) 2018年度定例研修会 新設コースおよび改編内容(国内中間処理、
国際契約等)
(2) 2018年度 JIPA研修体系等の改編について

-----------------------------------------------------------------
◇2 審決取消訴訟(査定系)における記載要件判断に関する検討
-----------------------------------------------------------------

特許第1委員会
副委員長 島野 哲郎 氏(宇部興産株式会社)

▼報告概要
記載要件は、特許の安定性に影響する重要な要件である。当小委員会で
は記載要件が争点となった査定系の審決取消訴訟に着目し、裁判所と特
許庁との判断結果、及び当該結果に導かれた両者の判断手法を比較・検
討した。その結果、要件ごと、技術分野ごとに一定の傾向が得られたの
で、実務上の留意点も踏まえて報告する。

-----------------------------------------------------------------
◇3 効率的な知財活動のためのグローバルドシエの現状調査と課題への活動
-----------------------------------------------------------------

情報システム委員会 
副委員長  伊藤 智恵 氏(大塚製薬株式会社)

▼報告概要
グローバルな知財情報を電子データで入手する手段としてグローバルド
シエサイトに着目し、効率的な知財活動につなげるために、同サイトの
利用実状及びユーザーニーズと課題の調査・分析を行なった。また、
知財情報システムのあるべき姿の考察を行なった。当委員会の活動につ
いて報告する。

-----------------------------------------------------------------
◇4 分野別に見る欧州圏での権利取得ルートの解析
-----------------------------------------------------------------

国際第2委員会 
副委員長  今井 周一郎 氏(栗田工業株式会社)

▼報告概要
欧州圏は各国の企業等による特許出願が多く行われている地域である。
当委員会では、各技術分野における主要企業を対象とし、欧州圏におけ
る各企業の出願ルート、および欧州特許に基づく展開国数並びに主な展
開国について調査及び解析を行った。これらの結果について報告する。

-----------------------------------------------------------------
◇5 ポーランド知的財産制度の利用実態に関する調査研究
-----------------------------------------------------------------

国際第2委員会
副委員長 仁井田 大輔 氏(株式会社日立製作所)

▼報告概要
ポーランドは東欧諸国の中で経済的に有望であるにもかかわらず、UPC
協定に署名していないという特殊性を持つ。そこで、本調査研究では、
ポーランドの知的財産制度、その利用実態を調査した。これらの結果に
ついて報告する。

<追伸>
次回の部会は4月19日(木)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2018-03-07 ]