トピックス

【正会員限定】2月度関西部会のご案内

(写)講師殿                                  2019年2月5日

一般社団法人日本知的財産協会                     18日知専25号
関西正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                2月度関西部会開催ご案内
     
=================================================================

2月度関西部会を以下のとおり開催いたしますので、ご多用中とは
存じますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。

出欠についての事前連絡は不要ですので、当日は直接会場受付まで
お越しください。

◆日 時 2月21日(木) 14:00〜17:00

◆場 所 大阪マ−チャンダイズ・マ−トビル201,202号会議室
大阪市中央区大手前 1丁目 7番31号
TEL 06-6943-2971
<地下鉄谷町線または京阪電車「天満橋駅」下車>


◆議 題

1.感謝表彰式

2.会務報告  事務局長 志村 勇

3.専門委員会報告

-----------------------------------------------------------------
◇1 欧州特許庁における第4次産業革命関連技術の出願権利化の
                         現状と留意点
-----------------------------------------------------------------

国際第2委員会
委 員   小野寺正徳 氏(富士通テクノリサーチ株式会社)

▼報告概要
欧州でも拡大している第4次産業革命に関し、それを支えるIoTやビッグ
データ、AI関連技術の欧州特許庁での出願動向と審査実務について調査を
行った。本発表では、各技術の権利化状況と拒絶理由の特徴を解説し、
特に記載要件と進歩性について、権利化における留意点を報告する。

---------------------------------------------------------------
◇2 日本企業によるPCT制度等の利用・活用実態に関する考察
---------------------------------------------------------------

国際第2委員会
副委員長 田中 寿志 氏(公益財団法人鉄道総合技術研究所)

▼報告概要
当小委員会では、2006年に実施したPCT制度利用に関するアンケート調査を
はじめとして、様々な手法によりその利用実態を分析してきた。この度、
近年追加された諸制度の利用にかかる項目を加えた調査を行うことで、
現在の日本企業のPCT制度の利用・活用実態を明らかにしたので報告する。

-----------------------------------------------------------------
◇3 イノベーティブデザイン(今までにない意匠)の
   意匠権保護のあり方についての調査研究
-----------------------------------------------------------------

意匠委員会
副委員長 木村 成利 氏(住友電気工業株式会社)
副委員長 石井 秀賢 氏
     (株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

▼報告概要
技術革新とともに異なった形態のデザインが登場しています。人々に新た
な体験を提供する製品・サービスのデザインを「イノベーティブデザイン」
と定義し、この中から「光によるデザイン」「VR空間におけるデザイン」
について、意匠保護の現状と企業からのさらなる要望をお伝えします。

-----------------------------------------------------------------
◇4 IoTに関する三極特許庁における審査の調査・研究
-----------------------------------------------------------------

特許第1委員会
副委員長 藤澤 優 氏(株式会社ダイセル)

▼報告概要
IoT関連技術に関する権利化ニーズの高まりと共に、多国間での制度調和が
求められている。今回、日本出願の広域ファセット分類記号ZITを用いて、
米国・欧州出願があるファミリーの各国での状況を分析した。
その結果から、IoT関連発明を各国で権利化する際の留意点、および提言を
行なう。

<追伸>
次回の部会は4月18日(木)開催を予定しております(3月は休会します)

関連リンク

[Update 2019-02-05 ]