トピックス

【正会員限定】1月度関東部会のご案内

                                          2019年12月25日

一般社団法人日本知的財産協会                     19日知専19号
関東正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                1月度関東部会開催ご案内
     
=================================================================

1月度関東部会を以下のとおり開催いたしますので、ご多用中とは
存じますが、ご出席くださいますようご案内申し上げます。

準備の都合上、末尾のURLより出欠回答をお願いします。出席の際は、
出席確認メールを印刷して受付にお持ちください。

◆日 時 1月21日(火) 14:00〜17:00

◆場 所 ベルサール八重洲
       東京都中央区八重洲1-3-7
      八重洲ファーストフィナンシャルビル2F
      *正面玄関、受付左奥のエレベーターをご利用ください

◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.専門委員会報告

---------------------------------------------------------------
◇ 知財部門によるサポートが、スタートアップ・ベンチャーを活かす
---------------------------------------------------------------

総合企画委員会 関東グループ
委員  照沼 貴史 氏(富士通株式会社)

▼報告概要
ビジネスの変化に伴い、今後ベンチャーの存在が日本の産業の発展に
大きく貢献することが想定される。企業の知財部門がベンチャーに
どのようなサポートが出来るか、また、ベンチャーとの関わりから
得られる相乗効果についてベンチャー企業への取材等を通じて、
それぞれの視点を考察し、まとめたものを提言する。

3.海外賛助会員による情報提供(講演:英語、日本語資料あり)

-----------------------------------------------------------------
◇ ラテンアメリカの主要国における外国特許出願の典型的な問題
-----------------------------------------------------------------

Herrero&Asociados(スペイン)
*ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、コロンビア、ポルトガルにオフィス有

・カーラ・イスラス氏(メキシコ弁理士、化学)
・グスタヴォ・ゴンザレス氏(パートナー,EQE,ラテンアメリカのスペシャリスト,電気機械工)
・マニュエル・ティーデマン氏(パートナー、ドイツ及びヨーロッパ弁護士)

▼講演概要
(1) ラテンアメリカにおけるIPランドスケープの状況
(2) 海外の出願人が手続きの各段階で直面する問題(形式審査、特許性と
その例外、PPH、意匠権)にフォーカスし、どのように対応すればいいか
(3) 各国(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、コロンビア、チリ)の特徴について情報を提供する。

4.特別講演

-----------------------------------------------------------------
◇ トヨタグループ発展の歴史と知的財産
-----------------------------------------------------------------

株式会社豊田自動織機
知的財産部長 伊東 正樹 氏(JIPA副理事長)

▼講演概要
トヨタグループの歴史は創業者である豊田佐吉の画期的な自動織機の発明から
始まりました。その後、繊維機械からグループの自動車へ事業が発展する一方、
豊田自動織機も業容が変化し、産業車両や物流、自動車関連事業へと拡大を続
けてきました。その流れと知的財産の関わりについて紹介します。

<追伸>
次回の部会は2月18日(火)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2019-12-25 ]