国際活動

商標委員会:WIPO マドリッド作業部会(第15回)への委員派遣

 2017/6/19-22に、スイス・ジュネーブのWIPOにおいて第15回マドリッド作業部会が開催されました。このマドリッド作業部会は年に一度開催される国際会議で、マドリッド協定議定書や同共通規則に 関する課題の共有・規則改定等についての検討・議論が行われます。

 今回、マドリッド協定議定書加盟国のうちの55カ国及び非加盟国11カ国の政府代表団や、3国際機関及び9商標関連国際団体が会議に参加しました。日本からは、日本特許庁、日本弁理士会、日本商標協会および 日本知的財産協会(以下JIPA)が参加し、JIPAからは商標委員会の小林委員(シチズン時計)及び杉崎委員(武田薬品工業)、の2名を派遣しました。

 本年度は、「国内商標登録の国際商標登録による代替」、「国際商標出願及び事後指定における限定」、「国際商標出願の商品・役務分類に関する審査ガイドライン」及び「商標同一性の基準・運用」が 議題に挙がっていたため、これらの議題に対し日本企業ユーザーからの意見発信を行いました。

  • 会議風景
  • JIPA出席メンバー

Copyright (C) Japan Intellectual Property Association All Rights Reserved.