トピックス

【正会員限定】7月度関西部会のご案内

(写)講師殿                                  2017年7月4日
一般社団法人日本知的財産協会                     17日知専10号
関西正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                7月度関西部会開催ご案内
           
=================================================================
下記により、7月度関西部会を開催いたしますので、ご多用中とは存じ
ますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。
出欠についての事前連絡は不要ですので、当日は直接会場受付までお越し
ください。【本メールアドレスは送信専用です】

なお、7月度は関西部会終了後、懇親会を開催いたしますので、参加
ご希望の方は下記5.記載のURLよりお申し込みください。
(申込期限:7月14日(金))

◆日 時 7月21日(金) 13:30〜17:30

※ 開始時刻が通常より30分早くなっておりますので、ご注意ください。

◆場 所 大阪マ−チャンダイズ・マ−トビル201,202号会議室
     
大阪市中央区大手前 1丁目 7番31号
TEL 06-6943-2971
<地下鉄谷町線または京阪電車「天満橋駅」下車>

◆議 題

1.専門委員会報告

-------------------------------------------------------------------
◇1 グローバルな営業秘密管理の研究
-------------------------------------------------------------------

マネジメント第1委員会
2016年度 副委員長  永井 立紀 氏(株式会社日立製作所)

▼報告概要
事業のグローバル化に伴い、国内で秘密管理していた情報を、海外拠点に
出すケースが増加している。このような場合、如何に秘密情報を守るのか、
グローバル環境特有の課題の抽出から導いた「グローバル営業秘密管理
マトリクス」活用により見えてきた実効性のある施策について解説する。

-------------------------------------------------------------------
◇2 これからの知財人材のあり方と育成に関する研究
-------------------------------------------------------------------

マネジメント第2委員会 
副委員長 佐々木 成典 氏(富士通株式会社)

▼報告概要
ビジネス環境の変化に伴い、知財人材のあり方も再定義する必要が出てきた。
知財部門のビジネスモデルから、これからの知財人材が、自らの強みを
活かし、社内顧客に対してどのような価値提供ができるようにあるべきか、
そのような価値提供が行える人材をいかに育成するか、について提言する。

-------------------------------------------------------------------
◇3 IoT,AI,BDによる変化が知財制度と知財活動に与える影響について
-------------------------------------------------------------------

マネジメント第1委員会
副委員長 岡本 貴洋 氏(サントリーホールディングス株式会社)

▼報告概要
IoT、ビッグデータ、AI等のICTの革新により、ビジネスモデルと事業優位性を
保つための要素は大きく変化している。ICTの革新が関係するビジネスを
分析し、顧客価値とこれをもたらす要素を検討する中から抽出した新たな
価値源泉を紹介する。更に、価値源泉の保護における課題と対応についても
言及する。

-------------------------------------------------------------------
◇4 特許情報検索に関する WIPO, PDG 訪問代表団報告
-------------------------------------------------------------------

情報検索委員会  
委員長   戸田 敬一 氏(オムロン株式会社)

▼報告概要
情報検索委員会では2017年4月に4名の代表団を、スペインマドリッドで
開催された73th PDG IMPACT Meeting、スイス ジュネーヴのWIPO、ドイツ
ミュンヘンのSiemensに派遣した。JIPAからはIoT特許分類の新設、CN法的
情報の整備について提言を行い、成果を得ることができたので、これらに
ついて報告する。

2.関西三業種合同部会ご案内

関西三業種合同部会 主担当役員 織田 香織 氏(株式会社堀場製作所)


3.会務報告  専務理事 久慈 直登


4.特別講演

-------------------------------------------------------------------
◇1 特許庁経験談(仮)
-------------------------------------------------------------------

特許業務法人 深見特許事務所  所長  木原 美武 氏

▼講演概要
特許庁で34年間、また技監として、ご自身が携わってこられた新たな制度・
運用や施策の導入、特許庁の働き・考え方等について、その背景や真意、
当時の議論の内容をお話し頂きます。また、日頃より疑問に思われている
特許庁に関する、皆さんからの当日のご質問にもご対応頂けます。


-------------------------------------------------------------------
◇2 企業のあるべき知財MIX戦略(仮)
-------------------------------------------------------------------

特許業務法人 深見特許事務所 商標法律部 部長  冨井 美希 氏
   同           意匠部   部長  中西  輝  氏
▼講演概要
〜『意匠・商標の魅力を再認識!』〜企業知財部門はどのように意匠・
商標と向き合うべきかについて、特許・意匠・商標を戦略的に出願した
事例を参考にしながら、企業のあるべき『知財MIX戦略』についてお
話し頂きます。
     
5.懇親会

関西部会終了後、同所にて懇親会を開催致します。参加ご希望の方は、
下記URLよりお申し込みください(申込期限:7月14日(金))


*関西部会のみの出席は申込不要です。
懇親会に参加を希望される場合のみ、申込が必要となります。 


<追伸>
次回の部会は9月21日(木)開催を予定しております。(8月は夏休み
として休会致します。)

関連リンク

[Update 2017-07-04 ]