トピックス

【正会員限定】3月度関西部会のご案内

(写)講師殿                                  2017年3月2日
一般社団法人日本知的財産協会                     16日知専31号
関西正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                3月度関西部会開催ご案内
           
=================================================================

下記により、3月度関西部会を開催いたしますので、ご多用中とは存じ
ますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。

出欠についての事前連絡は不要ですので、当日は直接会場受付までお越し
ください。【本メールアドレスは送信専用です】

◆日 時 3月23日(木) 14:00〜17:00

◆場 所 大阪マ−チャンダイズ・マ−トビル 201、202号会議室
     
大阪市中央区大手前 1丁目 7番31号
TEL 06-6943-2971
<地下鉄谷町線または京阪電車「天満橋駅」下車>
◆議 題

1.感謝表彰式

2.会務報告  専務理事 久慈 直登

3.専門委員会・政策プロジェクト報告

-----------------------------------------------------------------
◇1 2017年度 JIPA研修計画について
-----------------------------------------------------------------

人材育成委員会
副委員長 渡邉 賢一 氏(新明和工業株式会社)

▼報告概要
2017年度のJIPA研修の内容と人材育成委員会の活動をご紹介します。
次年度研修会ご利用にぜひご参考ください。
(1)JIPA研修全体の体系と特徴
(2)2017年度研修見直しポイント(Wグローバルコース群の改編・新設など)」

-------------------------------------------------------------------
◇2 アジア戦略プロジェクトの活動紹介【東南アジア・インド編】
-------------------------------------------------------------------

アジア戦略プロジェクト
担当役員(副理事長)  熊谷 英夫 氏(株式会社東芝)
WGリーダー 大久保 淳 氏(ヨネックス(株))
委 員   宇野 元博 氏((株)GSユアサ)、中尾 義和 氏(ダイキン(株))


▼報告概要
本年度のアジア戦略PJ東南アジア・インドWGでは、会員より収集したASEAN
各国の課題に関して、ミャンマー・タイ訪問代表団、インドネシア訪問代表団、
インド訪問代表団を実施し、改善要望を行いました。現地で役立つ(裏)話を
交え、各国の訪問機関でのディスカッションを紹介いたします。

-------------------------------------------------------------------
◇3 日本及び海外主要国(欧米中韓)における
         意匠の実務・侵害の考え方の調査・研究
-------------------------------------------------------------------

意匠委員会  
副委員長  徳元 孝 氏
      (トヨタテクニカルディベロップメント株式会社)

▼報告概要
意匠の実施・侵害の考え方を研究するにあたり、近年の侵害判断や類否
判断時に争点として扱われる「機能的形状」に関する各国の判断基準の
違いにフォーカスをあてて調査・研究を行った。各国の基準を比較し、
実務における留意事項の提言を行う。

-------------------------------------------------------------------
◇4 事業の海外展開を視野に入れた知財(権)MIXにおける
                意匠権の活用についての研究
-------------------------------------------------------------------

意匠委員会 
副委員長   山田 真幸 氏(オムロンヘルスケア株式会社)

▼報告概要
当委員会では昨年度、意匠を中心とした知財ミックスについて、国内事例を
元に研究した結果を知財管理誌16年8月号にて紹介した。本年度は、商品の
どのような保護対象について、どの法域の知財権を、どのタイミングで出願
すべきかについて、主要国の法制度と出願事例をふまえて研究したので、
その結果を報告する。

<追伸>
次回の部会は4月20日(火)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2017-03-02 ]