トピックス

【正会員限定】2月度関東部会のご案内

一般社団法人日本知的財産協会                  2017年2月6日
関東正会員代表各位                        16日知専第25号
同窓口担当各位                     一般社団法人日本知的財産協会
(写)講師殿                          専務理事 久慈 直登

=================================================================

               2月度関東部会開催ご案内

=================================================================

下記により、2月度関東部会を開催いたしますので、ご多用中とは存じ
ますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。

なお、出欠についての事前連絡は不要です。当日は直接会場受付までお
越しください。ただし、会場の都合により、満席の場合は入場をお断り
する場合もありますので、ご了承ください。
【本メールアドレスは送信専用です】

◆日 時 2月21日(火) 14:00〜17:00

◆場 所 ベルサール八重洲
       東京都中央区八重洲1-3-7
      八重洲ファーストフィナンシャルビル2F
(「日本橋駅」 A7出口 直結、
       「東京駅」八重洲北口 徒歩3分)
      

◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.政策プロジェクト・専門委員会報告

-----------------------------------------------------------------
◇1「アジア戦略プロジェクトの活動紹介【東アジア編】」
-----------------------------------------------------------------

アジア戦略プロジェクト
リーダー   小薗江 健一 氏(株式会社バンダイ)

▼報告概要
東アジアの知財法制度改正への働き掛けと、JIPAが幹事を務めるIIPPF
第1PJの活動を通じた中国政府への知的財産保護強化(模倣品の削減)の
働き掛けについて紹介します。特に、IIPPF第1PJ活動に関しては、報告者が
10数年に渡り体験した中国政府との交流の歴史、舞台裏を率直に紹介します。

-------------------------------------------------------------------
◇2「日米協働調査試行プログラムの実態調査・分析」
-------------------------------------------------------------------

特許第1委員会
副委員長   木村 充 氏(オリンパス株式会社)

▼報告概要
当小委員会では昨年度、日米協働調査試行プログラムの制度概要及び既存
制度との比較を知財管理誌2016年3月号にて紹介した。本年度は、本プロ
グラムにエントリされた案件について実態調査及び分析を行った。その結果、
本プログラムの利用メリットや課題が見えてきたため、それらについて報告
する。

-------------------------------------------------------------------
◇3「拒絶理由通知における記載要件判断の五極比較
   −日米欧各特許庁を受理官庁としたPCT出願における比較検討−」
-------------------------------------------------------------------

特許第1委員会
委 員    井出 和典 氏(株式会社リコー)

▼報告概要
当小委員会では2012年度より、中長期テーマとして、いわゆるFirst Action
における記載要件違反の判断動向の調査を行っている。2013〜2016年度に
かけて日米欧各特許庁を受理官庁としたPCT出願における五極(日米欧中韓)
の比較検討を行い、各極の傾向分析を完了させた。今回は、その結果に
ついて総括して報告する。


<追伸>
次回の部会は3月21日(火)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2017-02-06 ]