トピックス

【正会員限定】4月度関西部会のご案内

(写)講師殿                                  2019年4月2日

一般社団法人日本知的財産協会                     19日知専1号
関西正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                4月度関西部会開催ご案内
     
=================================================================

4月度関西部会を以下のとおり開催いたしますので、ご多用中とは
存じますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。

出欠についての事前連絡は不要ですので、当日は直接会場受付まで
お越しください。

◆日 時 4月18日(木) 14:00〜17:00

◆場 所 大阪マ−チャンダイズ・マ−トビル201,202号会議室
大阪市中央区大手前 1丁目 7番31号
TEL 06-6943-2971
<地下鉄谷町線または京阪電車「天満橋駅」下車>


◆議 題
1.特別講演

-----------------------------------------------------------------
◇ AI関連技術に関する特許審査事例について
-----------------------------------------------------------------

特許庁審査第一部調整課審査基準室
室長補佐  齋藤 正貴 氏

▼講演概要

AI関連技術が様々な技術分野に発展し、ユーザの注目を集めていることから、
特許庁はAI関連技術に関する特許審査事例を作成し、公表しました。本講演
では、平成31年1月30日に追加公表した、記載要件及び進歩性についての
特許審査事例を紹介します。

2.会務報告  事務局長 志村 勇

3.専門委員会報告

-----------------------------------------------------------------
◇1効率的な知財活動のための各国グローバルドシエ活用法提案と
                        課題への活動
-----------------------------------------------------------------

情報システム委員会
2018年度副委員長 中馬 真子(パナソニック株式会社)

▼報告概要
グローバルな知財情報を電子データで入手する手段の一つとして各国
グローバルドシエサイトに着目し、利用実態と機能の調査を行い、サイト
活用のベストプラクティスをまとめた。また、課題について特許庁や
グローバルドシエタスクフォース会合への提言を行った。当委員会の活動に
ついて報告する。

---------------------------------------------------------------
◇2 知財業務におけるRPAの活用事例について
---------------------------------------------------------------

情報システム委員会
2018年度委員   遠藤 和雄 氏(日本電産株式会社)

▼報告概要
昨今話題のRPAが知財業務にどこまで浸透しているか、先行する企業は
どういった業務をRPAで効率化しているかについて、アンケートや個別の
ヒアリングを通して調査し、その結果と見えてきた課題等について共有
することで、これからRPAを活用したいと考える企業の一助となるよう、
その活動結果を報告する。

<追伸>
次回5月度の部会は、5月31日(金)にホテル椿山荘東京で開催を予定し
ております定時社員総会に併せて行いますので、お含みおきください。

関連リンク

[Update 2019-04-02 ]