トピックス

【正会員限定】6月度関東部会のご案内

(写)講師殿                                  2019年6月4日

一般社団法人日本知的財産協会                     19日知専5号
関東正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                6月度関東部会開催ご案内
     
=================================================================

6月度関東部会を以下のとおり開催いたしますので、ご多用中とは
存じますが、ご出席くださいますようご案内申し上げます。

準備の都合上、末尾のURLより出欠回答をお願いします。出席の際は、
出席確認メールを印刷して受付にお持ちください。

◆日 時 6月18日(火) 14:00〜17:00

◆場 所 ベルサール八重洲
       東京都中央区八重洲1-3-7
      八重洲ファーストフィナンシャルビル2F

*正面玄関、受付左奥のエレベーターをご利用ください

◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.特別講演

-----------------------------------------------------------------
◇ 住友電工の知財戦略 〜BtoB製造業の取組み例〜
-----------------------------------------------------------------

住友電気工業株式会社
知的財産部長 佐野 裕昭 氏(JIPA副理事長)

▼講演概要

住友電工は自動車・交通、電力・通信、機械設備などの産業向けに資材を
製造販売する典型的なBtoB製造業者である。産業構造の変化に伴い、従来の
自社技術保護のための権利獲得から、事業戦略と一体化した知的財産の
管理・活用の活動へ方向転換を進めている。同社の直面している課題と
取り組みを紹介する。

3.専門委員会報告

-----------------------------------------------------------------
◇1 近年の重要判決による米国裁判地戦略への影響と日本企業への提言
-----------------------------------------------------------------

国際第1委員会
副委員長  田中 成治 氏(日本電気株式会社)

▼報告概要
TC Heartland最高裁判決、In re Cray CAFC大法廷判決により裁判地の
判断基準が変更されたが、判断基準の具体的な運用と、被告が外国企業の
場合の判断基準は明確になっていなかった。これらの点を調査分析し、
日本企業が原告・被告の場合の裁判地戦略を提言する。

---------------------------------------------------------------
◇2 先行技術と重複した数値限定クレームを非自明と認められるための方法
---------------------------------------------------------------

国際第1委員会
2018年度委員 鈴木 信一郎 氏(富士通株式会社)

▼報告概要
米国特許実務において一応の自明性により特許性を拒絶されやすい数値限定を
用いたクレームについて、近年のCAFC判決から数値限定が自明性の争点と
なった判決を検討した。自明性の判断基準を明示し、数値限定が先行技術と
重複する場合に自明性が認められるための対応手段を提示する。

-----------------------------------------------------------------
◇3 知的財産デューデリジェンス(知財DD)における
                  商標リスク観点での留意点
-----------------------------------------------------------------

商標委員会
委員長代理  宗形 賢 氏(ソフトバンク株式会社)

▼報告概要
企業がM&A(事業買収)や出資、提携を検討する際に行われる知財DDは一般に
特許観点が中心であるが、商標観点も看過できない。
なぜ、商標観点でのDDが必要なのかを確認した上で、商標(特にリスク)
観点で留意すべき点はないかを検討・整理した。

<追伸>
次回の部会は7月16日(火)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2019-06-04 ]